特別な知識と技術が得られる求人へ応募するには

障害者の就職

障害者就職の募集要項について

障害者が就職活動する時に何を検討しているのか。 恐らく、健常者の方なら大手就職サイトや会社ホームページにて、募集要項を確認することになる。その時に確認するのは恐らく、勤務時間・賃金など項目を優先的に確認しているのかと思う。 障害者の就職になると少し内容は違ってくる。確かに先の勤務時間などの項目は大切である。しかし、障害者の場合は、大小の差はあるが、肉体や精神的なハンディキャップを抱えているためそのハンディキャップを考慮していただける。若しくは、ハンディキャップにも関わらず働くことができる職場環境が整っているかが大切な項目になる。 これは、就職し長く安心して働く為には重要なことであるのて、これを二の次にする障害者は少ない。

実際に必要な項目とは。

障害者が就職するのに何を大切なのか。 確かに車椅子用のトイレ設備などの施設充実も大切なことである。 しかし、それ以上に大切なものは、共に働く同僚や会社からの障害に対する理解である。 障害者が就職した際に一番辛いのは、理解のない周りの人からの目線や言葉である。障害によっては自分のハンディキャップのため他の方と同じように仕事はできないことがある。しかし、他の方より労働意欲が低いということはない。ハンディキャップがあるこそそれに負けず、他の方と同じように仕事を行おうする人が大半である。その中で、心ない一言は、障害者の労働意欲を削ぐことになる。その中で、一体どれだけの方が、労働意欲を保つことができるだろうか。